原稿制作上のご注意

1. データ入稿について

データ入稿の場合は、Adobe Illustrator等のベクトルデータを推奨しています。
できるだけ、きれいな再現性のためにもご協力お願いいたします。

オリジナル陶器イラストレーターデータの違い

拡大して見る

下記の画像は、ベクトルデータと画像データでの再現性の違いについてのイメージです。
次のものはいずれも同じサイズのロゴをデータ別に転写絵付した例となります。
解像度の違いによる、印刷の違いにご注意ください。

元原稿 Illustrator(ベクターデータ)の場合

オリジナル陶器イラストレーター元ファイル
矢印

元原稿 JPEG(解像度600dpi)の場合

オリジナル陶器イラストレーター600dpi

元原稿 (解像度350dpi)の場合

オリジナル陶器イラストレーター350dpi

元原稿 (解像度72dpi)の場合

オリジナル陶器イラストレーター72dpi

2. 線幅について

実線→転写:0.2mm以上、撥水:1mm以上
ヌキ→転写:0.3mm以上、撥水:1mm以上

線幅が基準以下の場合

線幅が基準以下の場合

線間(ヌキの場合も同様)が基準以下の場合

線間(ヌキの場合も同様)が基準以下の場合

線幅が基準以上良い例

線幅が基準以上のよい例

3. 線幅について (*撥水絵付の場合)

撥水絵付は、細かい線の再現が難しく、転写絵付より太い線幅が必要になります。
線幅(1~2mm)に満たない線は、仕上がりに個体差が出る ことがあります。

本体カラーが白(Y001)の場合

本体カラーが白の場合は、一番線が飛びにくく、きれいにデザインの再現が出来ます。
*1mmまでの線の再現が可能です。

本体カラーが白(Y001)の場合

本体カラーが白(Y001)以外の場合

本体カラーが白以外の場合は、絵の具が乗りにくく、白よりも線が飛びやすくなります。
*線幅は2mm以上必要です。

本体カラーが白(Y001)以外の場合

4. 下白 (シタシロ) について

本体カラーが黒などの濃い色の上に薄い色の転写カラーを印刷する場合、本体カラーに影響を受けないよう、下に白版を入れるのがおすすめです。
(絵の具の成分上、下白を入れられない転写カラーもございます。T002・T003・T004)
*この場合、版代、絵付加工代ともに1色分プラスになります。

制作事例写真(下白なし)
本体カラー : Y114
転写カラー : T023

制作事例写真(下白なし)

制作事例写真(下白あり)
本体カラー : Y114
転写カラー : 下白+T023

制作事例写真(下白あり)

版ズレが目立たないよう下白ありの場合の原稿は、0.4-0.6mmの線幅で作成ください。
ベタ面が多いデザインでは転写のはじけ(色飛び)が起こりやすくなります。
はじけとは、次の画像のように部分的に色が飛んでしまう症状のことです。

はじけ(色飛び)イメージ1
はじけ(色飛び)イメージ2

5. 二度刷りについて

本体カラーが黒などの色でも、下白が入れられない転写カラー(T002・T003・T004)の場合は、二度刷りをして発色を良くします。
*この場合、絵付加工代が1色分プラスになります。

制作事例写真(一度刷り)
本体カラー : Y002
転写カラー : T004(一度刷り)

制作事例写真(一度刷り)

制作事例写真(二度刷り)
本体カラー : Y002
転写カラー : T004(二度刷り)

制作事例写真(二度刷り)

6. ドット(アミ点)について

点の集まりは、0.2mm(撥水は1mm)以上の直径と間隔が必要です。

ドット(アミ点)0.2mm

点の直径が0.2mm(1mm)以上あっても、間隔が0.2mm(1mm)に満たない場合、くっついてしまいます

ドット(アミ点)注意例1

点の間隔が0.2mm(1mm)以上あっても、直径が0.2mm(1mm)に満たない場合、抜けたりします

ドット(アミ点)注意例2

0.2mm(1mm)以上の面積と間隔のある良い例

ドット(アミ点)良い例